小さな出版社エディマンからのお知らせ


by ediman_tokyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:イベント( 6 )

お知らせを少し

ようやく夏休みも明けました。
杉浦さんを偲ぶ会も無事に終わり、少し気が抜けた感じです。
とはいえ、やることがだいぶたまっていますから、少しずつ仕事モード。
さて、休みの間にお知らせが入ってきました。
興味のある人はぜひどうぞ!

まず、BOOK246さんから。

「映画『イントゥ・ザ・ワイルド』公開記念トークイベント」

アラスカの大地にひとり足を踏み入れた青年。彼は何故荒野に魅入られたのか。
ジョン・クラカワーのノンフィクション作品『荒野へ』(集英社)を原作とした、ショーン・ペン監督最新作。
今回BOOK246では、映画の日本公開に合わせて、特別トークイベントを開催致します。
ゲストに写真家・冒険家の石川直樹氏をお招きし、
本作について、そして旅をすることについて、スライドを交えながら語っていただきます。

□日程:8月23日(土)
□時間:13:00〜14:30(13:30〜受付開始)
□場所:BOOK246店内
□定員:30名
□料金:¥1,000(ワンドリンク付き)
□予約:03-5771-6899 / info@book246.com(BOOK246)

*協力:スイッチ・パブリッシング / stylejam

ということです。
石川直樹さんは今を時めく時の人。おもしろそうなイベントです。

もうひとつは、写真展のご案内。
ぼくがラテンアメリカ関係の本を出したり、写真集を出したりしているから届いたのでしょうか? なかなかおもしろそうな写真展。

「Dive into the PASSION」窪田 誠
カリブ海のトリニダード・トバゴのカーニバルの写真展です。
8月29日から9月2日まで(あっというま!)
12時から19時
PROMO ARTE PROJECT GALLERY
渋谷区神宮前5-51-3 ガレリア2F
地下鉄表参道駅B4出口から徒歩5分
これは、踊り子たちのポートレート集だそうです。

いずれも青山方面。
足が向いた人はぜひどうぞ!
[PR]
by ediman_tokyo | 2008-08-21 15:13 | イベント
以前、出版イベントでお世話になったBOOK246さんからイベントの案内がきました。
POSTALCOは初耳でしたが、鞄やステーショナリー・デザインをしている集団のようです。ギャラリーでは彼らのデザインプロセス、彼らの興味と思考のコラージュを展示するそうです。

日時=2008年4月29日(火)〜5月20日(火)
場所=BOOK246店内
http://www.book246.com/

また、トークイベントが2008年4月29日(火)15時〜16時30分に行なわれます。
入場料は500円です。

日用品のデザインに興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか?

++++++++++++++++++++++++++++++++++

そういえば、渋谷の松濤美術館では中西夏之新作展「絵画の鎖・光の森」がやっていますね。こちらは5月25日まで。
中西夏之さんといえば、高松次郎、赤瀬川原平とともに芸術集団〈ハイレッド・センター〉をやっていた人ですね。これでピーンときた人は足を運んでみては?
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/museum/
[PR]
by ediman_tokyo | 2008-04-27 15:29 | イベント
友人から上映会の案内が届きました。
かねてからオランダを絶賛する声を聞いていましたが、本当にさまざまな表現を隔てなく受け入れているようです。
日本では、本日、映画『靖国』の上映中止報道が相次ぎましたが、こんなようだと若くておもしろい人たちはどんどん海外に行ってしまうでしょう。芸術のみならず、学問も同様なことがおこっていないか?
それにしても、アントニオ・ネグリの入国問題といい、ちょっとロコツな権力の介入じゃありゃしませんかね。
以下、ご案内です。

スターティング・フロム・スクラッチ in ロッテルダム
Starting from Scratch in Rotterdam

2008年4月4日(金) 19:00 START
料金:1,000円
会場:なかのZERO視聴覚ホール TEL:03-5340-5000
(東京都中野区中野2−9−7/中野駅南口から徒歩8分/本館地下2階)
http://www.nices.jp/access/zero.html
主催:MALTESE CROSSE VISION、One's Eyes Film
協力:大久保賢一、フィルム・メーカーズ・フィールド、MISTRAL JAPAN、
フィルム文化を存続させる会
問合せ:TEL:042-380-8270(One's Eyes Film)
    info@mistral-japan.co.jp


上映作品
◆16mmプログラム (4作品・32分)
W8は16ミリ  奥山順市 16mm 11min. sound 2006
FILM-FILM #4_Roll  大島慶太郎 16mm  4.5min. silent 2004
INCLINED HORIZON  太田曜 16mm 8min. sound 2007
夢代九  能登勝 16mm 8.5min. silent 2001

全てハンドプロセッシング(自家現像など)による16ミリフィルム映画作品4本。
実験映画のパイオニア、奥山順市、目を疑う程美しい自家現像映画、能登勝、デジ
タルも融合、若手作家の大島慶太郎、フランスでは日本の実験映画を紹介している
が、オランダへは初めて行った太田曜。(太田 曜)

◆8mmプログラム(17作品・73分)
Sketch Film #4  西川智也 8mm 3min. silent 2007 
えくおとさず  黄木優寿 8mm 23min. silent 2002~2004
(光の栖/yacht dance/電離層から/蜉蝣鏡/牧童の戴冠式/かはたれの庭/O氏の夢)
明日があるさ  前田敏行 8mm 3min. sound 1994
郊外へ  前田敏行 8mm 3min. sound 2001
東京 8mm/写真/機  前田敏行 8mm 3min. silent 2007
世界/6 eyelids  川口肇 8mm 3min. silent 2001
suginami-green  川口肇 8mm 3min. silent 2007 
思い出の白州  川口肇 8mm 3min. silent 2007
print8  能登勝 8mm 3min. silent 2001
車窓より  大橋勝 8mm 3min. sound 1998
窓辺の人  大橋勝 8mm 3min. silent 2007
子どものアリエッタ  片山薫 8mm 3min. sound 1998/2007 
瞬息シリーズ  水由章 8mm 17min. silent 1997〜2007 
(瞬息1/瞬息4/瞬息5/瞬息8/瞬息9)
[PR]
by ediman_tokyo | 2008-04-01 18:24 | イベント

MeMe Design School 2008開催

新しいデザイン学校開校の案内がきました。
興味のある方は、下記URLより詳細をごらんください。
個人的な印象にすぎないのですが、主催者のひとり、中垣信夫さんのデザイン事務所からは多くの人が独立しているような気がします。おそらく、教えるのがうまいのでしょうね。ぼくのところから出した『Line on the Earth』のデザインを担当してくださった、岡本健+(おかもとつよし・プラス)さんもここの事務所から独立です。

MeMe Design School
http://www.memedesign.org

祖父江慎さん、鈴木一誌さんなどなど、講師陣も豪華です。
[PR]
by ediman_tokyo | 2008-03-25 14:27 | イベント
『Line on the Earth ライン・オン・ジ・アース』の著者・小野博さんの個展「大切なことは小さな声で語られる」が岡山の大原美術館で開催されています。

大原美術館
http://www.ohara.or.jp/200707/jp/menu.html

お近くにお住まいの方はもちろん、そうでない方もぜひお立ち寄りください。
建物、収蔵品も素晴らしかったです(もちろん写真も)。ぼくは日帰りで直島まで見ながら行きましたが、お時間のある方は1泊することをお勧めします。

この展示は、美術館のあちらこちらに写真が点在していて、それを探すのがひとつの楽しみとなっています。名作の横にふっと写真が現れるのがなんともすてきな経験でした。

売店には本も置いてありますので、そちらもよろしくお願いします。
[PR]
by ediman_tokyo | 2008-03-04 20:00 | イベント
キュレーターの菊田樹子さんからの案内です。
新しく、写真賞を発足させるようです。まだ募集期間中なので、興味のある方は是非。

「ポートフォリオ・レビューで、第一線で活躍する写真関係者に自分の作品を見せながら、1対1で講評を受ける機会を設けました」とあります。詳しくは下記URLを。

http://gamaphoto.blog31.fc2.com/

ちなみに、レビュワー(講評者)は以下の方々。
写真家=瀧本幹也/平間至/広川泰士/三好耕三
ギャラリスト=山崎信/P.G.I(Photo Gallery International)ディレクター
アートディレクター=中島英樹(中島デザイン)
編集者=沖本尚志(PhotoGRAPHICA)
キュレーター=菊田樹子
[PR]
by ediman_tokyo | 2008-02-28 13:25 | イベント